一人暮らしのあれやこれ

暑いこの季節、気をつけておきたい体調変化

* もっと暑くなるこの季節 

7月に入り、気温が30℃を超える日がほとんどになってきました

これから8月にかけてさらに暑い日が続き、9月もまだまだ暑いという季節

先日、埼玉、茨城などで高校野球の開会式が行われた際も頭痛を訴える方や意識が朦朧として救急搬送されるた方がいらしたそうです

体調も崩すような暑さが続くこの時期は熱中症脱水症状や夏バテなどの症状に十分に気をつけなければなりません

* 熱中症とは 

熱中症とは、暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称です

Ⅰ度(熱失神、熱痙攣)、Ⅱ度(熱疲労)、Ⅲ度(熱射病)の3つに分類されます

Ⅰ度の主な症状はめまい、立ちくらみ、生あくび、大量の汗や手橋のしびれ、筋肉痛などです

Ⅰ度は軽症なので日陰などの涼しい場所に退避し、水分補給と体を冷やすなどの応急処置が必要

また、足を高くして体を休ませて下さい

発汗による脱水もそうですが、塩分やミネラルが不足した場合もⅠ度の症状である熱痙攣が起きる場合があります

炎天下での長時間の行動は控え、水分補給と塩分の補給を行うことが大切です

Ⅱ度頭痛、嘔吐、倦怠感や脱力感や下痢の症状など中症

Ⅲ度意識混濁や喪失、また肝臓機能や腎臓機能の障害や血液凝固など重い症状がみられる重症です

Ⅱ度は医療機関での治療が必要とされ、上記の応急処置と共に医療機関への診断が必要です

Ⅲ度の重症は命にかかわる危険な状態のため救急車を呼び、急ぎ医療機関へ搬送する必要があります

熱中症の症状が出た場合、水分補給が重要になってくるのですが、状態によっては自力での水分補給ができなくなる場合もあります

また、昼間に起きた熱中症の症状を甘く見すぎて放置して夜に悪化する場合もあります

回復してからも油断せず、一日、体調変化に気を使って下さい

不安があればすぐに医療機関へGO!

* ただし水分補給をすればいいというわけでは… 

今の時代、コンビニや自販機で気軽に冷たいペットボトルの飲み物が手に入ります

清涼飲料水、スポーツドリンク、これらを大量摂取して「水分補給ばっちり!」と思うのは危険です

気をつけたいのが、ペットボトル症候群と呼ばれる急性の糖尿病

喉の渇きを潤そうと飲み物を飲むものも、飲んでも飲んでも喉いてしまうような症状が出たら危険です

ペットボトル飲料は糖分が多く、また一気に飲みやすいペットボトルの形状ゆえに糖分を過剰摂取してしまいやすくなります

そのため、急激に血糖値が上がり飲んでも飲んでも喉が渇くと言われてします

一日に摂取していい砂糖の量は25g程度とされます

よく、ネットでもペットボトル一本分にどのぐらい砂糖が入ってるかを角砂糖で表した写真が出回っていますが、人気の炭酸飲料や最近流行りの見た目は水のような清涼飲料も驚くほどの糖分が入ってることがわかります

また、怖いところは熱中症予防に良いとされるスポーツドリンクにも大量の糖分が含まれていること

熱中症予防にとスポーツドリンクを飲みすぎるのも実は危険なんです

* 夏といえばのあの飲み物が効果的 

夏といえば麦茶

麦茶は体を冷やす働きがあり、暑さでほてった体を癒やすにはぴったりな飲み物です

夏バテやむくみにも良いとされ、カフェインがほとんど入ってません(メーカーによってはカフェインが含まれている場合もあるのでチェック)

カフェインによる利尿作用がないため、水分補給にはぴったりです

また、ミネラルも含まれているので熱中症対策にも良いとされています

* 外だけでなく室内でも 

熱中症や脱水症状などは外だけでなく室内でもおこります

特に一人暮らしの方は家で倒れたら周りに気づかれないまま症状が悪化し、重症になることもありえます

節約のためとクーラーをつけないなどの無理をしすぎないよう、体調の変化には十分気をつけてください

-一人暮らしのあれやこれ
-, ,