一人暮らしのあれやこれ

意外にしらない?キッチンでやってはいけない行為

2017/07/04

* 一回ぐらい聞いたことがある? 

よく、シンクに熱湯を流すと、ドゴッ!ドンッ!など大きな音を出す時がありますよね

カップ焼きそばのお湯を捨てるときやパスタや麺類の茹で汁を捨てる時によく聞く音です

ステンレスが熱膨張をして反り上がった音と言われています

* やっぱりやばい音? 

音がしたということは結構熱いお湯が注がれたという証拠

実は結構やばいです

ステンレスの膨張というよりも、もっと危ないのは実は排水口

実は排水口に使われている塩ビ管、こちらの一般的な耐熱温度は62℃から72℃

さっきまで火にかけてぶくぶく言っていたお湯なんか余裕で72℃を超えています

熱湯を流すことにより塩ビ管は劣化し、トラブルになりかねません

* 目安は60℃以下 

シンクにお湯や熱いものを流す際はある程度温度を下げてから

または水を流しながらが好ましいです

水道代がもったいないと思われますが、排水管のトラブルにかかる費用と比べれば……?

やりがちなことですが、気をつけておきたいですね

-一人暮らしのあれやこれ
-, ,