女性のお部屋探し情報

オシャレだけど……?ちょっと困ることもあるデザイナーズ

 人気のデザイナーズ物件 

デザイナーズ物件は他には無い独自の、洗礼されたデザインが人気の一つ

多少奇抜な間取りでも「オシャレだし……」と決めてしまう方もいるかもしれません

でも、ちょっと待った

デザイナーズはオシャレですがその分他にはないデメリットがある場合も……

気を付けておきたいデザイナーズの困りごとをご紹介

 洗濯物が外に干せないことが多い 

全てのデザイナーズにあてはまることではありませんが、ベランダがあっても外に干せない場合があります

外観のデザインを損なわないために洗濯物を外に干すことを禁止しているためです

ベランダや窓のふちに布団を干すことは特に禁止されていることが多いようです

タワーマンションでも同様のルールがあります

こちらも景観を損なわないためと、安全のためとされています

 住みづらいデザイン、間取り 

デザインを重視しすぎて住むことが考えられていないデザイン

もしくは土地の形や面積が特殊なために独自のデザインになってしまっていることがあります

バストイレがガラス張りは特に落ち着かないですね

「部屋の中央にバストイレがあるのでガラス貼りにして部屋全体に日の光が届くように設計されている」

という物件を見たことがありますが、そもそも部屋の中央部にバストイレがあるところからちょっと不便だなと感じました

あとはデザイナーズに限らず、部屋の間取りが斜めの物件も家具の配置がしづらいですね

 設備の故障時に部品の取り換えが困難 

トイレや洗面、キッチンなど、細部までこだわり抜かれた物件は海外製のものを使用している場合もあります

場合によると故障時の交換で、部品の取り寄せなどが困難になり、まるまる日本製のものに取り替えるということもあるようです

 そもそもお洒落すぎて…… 

お洒落すぎて既存の家具や、安価なものが合わない、生活感がなさすぎて落ち着かないなどなど……

おしゃれすぎると確かに生活しづらい……?かもしれませんね

 設備のおしゃれさと同時に住みやすさも要チェック 

デザイナーズだけではなく、新築物件などでも綺麗さに目が奪われ機能性、住みやすさを軽視してお部屋を決めてしまうことがあります

おしゃれ、きれいだけでなく、自分が住むイメージをしながら物件を決めることをおすすめします

-女性のお部屋探し情報
-, ,