暮らし

1月7日は七草粥を♪意味と作り方を知って伝統文化を学ぶ!

こんにちは、あつまる不動産の岡野です。

新年、食べ過ぎ、飲み過ぎ!状態でして

胃もたれてしまいました。。

胃腸に優しいものを食べたーい…と思っていたのですが

日本には古来から七草粥があるじゃないか!と。

そこで、意味・作り方をご案内していきます♪

326904

▼七草粥はいつ食べる?どんな意味?

七草粥は、1月7日に食べるものです。

その年の、無病息災を願う風習があります。1月7日は五節句(人日、桃の節句、端午の節句、七夕、重陽の節句、の5つがあります)の1つにあたり、七草の日、若菜の節句ともいわれます。

元来は、中国で毎年官吏登用・昇進を1月7日に決めたとのことで

その朝に薬草を食べて立身出世を願ったのだとか。

七草は、

「セリ、ナズナ、オギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ」

ですが、いずれもとても消化吸収がよく、

お正月のごちそうとお酒で疲れた胃腸をやすめ、栄養補給ができます。

セリ…古事記・万葉集にも出てくる、昔からある薬草です。秋田ではきりたんぽ鍋に欠かせない!食材ですね。ビタミンCやミネラルが豊富で、老化防止、肌のうるおいにつながります。貧血防止につながるのだとか。

ナズナ…なずな、と聞くと薬草っぽいですが、道端によくはえている「ペンペン草」です。カルシウムが豊富で、ほうれん草よりも多く含まれているのだとか。高血圧、生理不順、便秘にも効果があります。

8ede872c9ade8f369a0845ecf2f8c375_s

オギョウ…母子草、とも言われ、黄色いかわいい花が咲きます。栄養成分は、じつはあまり詳しくわかっていないそう。せき、喉の痛みを和らげます。

ハコベラ…タンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルをはじめとした栄養に富んでいます。胃や腸を整えます。

ホトケノザ…道端に生えてる、紫色の花がさくアレかな…?と思っていたのですが、別名タビラコという黄色い花が咲くものなのだとか。高血圧の予防になります。

スズナ…カブのことなので、みなさんよくご存知ですね。胃腸の消化を助けるアミラーゼ、むくみを解消するカリウム、免疫力を高めるビタミンC等々、豊富に含まれています。

スズシロ…スズナ同様、アミラーゼやビタミンCが豊富で、肌を若々しく保つ効果もあるのだとか。大根の葉っぱのことなので、うまいこと年中活用できそうですね。

ebad4334fe00dfc0dc37c38a5238c595_s

▼つくり方♪

・まず、おかゆを作ります。

炊飯器におかゆモードが有る方はそれを利用すると便利ですね。

もし土鍋等で作るようであれば、お米の量に対して5倍の水を使用します。

炊いている間にぐるぐると混ぜると粘り気が出て味が落ちるので、そーっと待ちましょう。

・七草を茹でます。

塩を入れて、茹で上げましょう。全部一緒に煮ると、香りがうつってしまうので

ひとつづつ、味わってみたい方はそれぞれの草をそれぞれ茹でるとよいでしょう。

みなさまの無病息災と、昇進も願っております♪

新しい暮らしを送る、お部屋探しはあつまる不動産をご利用下さい♪

女性のためのあつまる不動産へのお問い合わせはこちらから☆

-暮らし