一人暮らしのあれやこれ

賃貸の花粉対策!ついに来た花粉の時期…どんな事に気をつけたら快適に過ごせる?

2017/05/07

こんにちは、あつまる不動産の岡野です。

ついに来ました、花粉の季節……

2月~4月スギ、3~5月ヒノキ、4~5月ネズ、1~6月ハンノキ、4~5月コナラ、と 長丁場の戦いが始まります。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。私は既に目が痒く、鼻もずるずる、寝ても苦しい、起きても苦しい…おそらく1周間後には体力が削られさぞふらふらになる予感がしています。。

sugikahun



さて、賃貸物件ですべき「花粉対策」についてご案内していきます!

▼花粉対策、一番大切なのは「帰宅直後」!

花粉を家に持ち込まないため、帰宅してすぐのケアをするだけで大きく変わりますよ。

・コートにコロコロクリーナーをかける

・髪もヘアブラシで梳かして花粉を落とす

・手洗いうがいと併せて、鼻うがいをする

・目薬をさす

肌が花粉に反応してかゆくなってしまう方は、さっと洗い流すのもおすすめです。

また、そもそもなのですが、花粉は繊維や毛のものに付着してからまることが多いので、表面がすべすべした服には付きにくいのでそのような服を着るのもよいでしょう。髪もキューティクルが荒れていると花粉がひっかかりやすくなるのでトリートメントをしっかりするようにするのもおすすめです。

▼布団・服が外に干せない…良い干し方って?

できるだけ室内に干すのがベストです。

もし外で干した場合は、サッサと表面をはらい、掃除機をかけると花粉の侵入が減ります。ただ、布団叩きで叩いてしまうと、衝撃で繊維に花粉がからまり、余計に付着してしまうので、使用しないよう心がけましょう。

環境省によると、12時・18時が花粉飛散のピークなのだとか。

また、雨が降った日の翌日も、地面に積もった花粉やホコリが舞い上がるのでふわっと室内に入ってきやすくなります。

ちなみに、窓を開けて換気をしたい方、22時~6時は飛散が減るので、この時間帯がおすすめです。

また、そんなことしたらつらい……と思われる方はやはり空気清浄機がおすすめですね。

masuku-kahun



▼そんなことは毎年やってる!という方へ+αの対策を

1.鼻に優しいアロマオイル

ユーカリ、ティートリー、ローズマリーが手に入りやすく、おすすめです。

いずれも、鼻水や鼻づまりの時に使用すると効能のあるもので、外出時はマスクやハンカチに1滴たらして吸入し、在宅時はアロマディフューザーに入れて部屋中に満たすのもよいですね。



2.食べ物

<効果あり>

・レンコン

・わさび

・バナナ

・しそ

・たまねぎ

・ヨーグルト

・きくらげ

<NG>

・トマト、ホウレンソウ、なす、タケノコ(生NG・加熱すればOK)

・メロン

・ファーストフード、マーガリン、乳製品

・アルコール

・砂糖

毎日快適に過ごすためにも!小さなところから対策をしていきましょう。

玄関前にセットしておいて、帰宅したら順番に手を付けていくようにするのもやり忘れがなくおすすめですよ。

快適なお部屋をお探しします♪

あつまる不動産へのお問い合わせはこちらから☆

-一人暮らしのあれやこれ
-,