一人暮らしのあれやこれ

これからの季節に向けて暑さ対策 エアコンの節電と節約術

2017/05/13

 これからどんどん暑くなります 

5月序盤にしてもう既に暑い日が……

春はほとんどなかったんじゃないかと思うぐらい一気に暑くなりましたね

最近は25度を超える日も増え、これからもっと暑い日が増えていきそうです

暑くなってくると冷房を使用する人も増えてくるのではないでしょうか?

寺本は暑がりなので既に結構クーラーを自宅でガンガン効かせている状態です

さて、暑くなるシーズン、気になるのは電気代

keisan-note

今回は冷房にかかる電気代や暑さ対策のアイデアをご紹介

 こまめに切るとむしろ電気代がかかる 

知ってる人も多いでしょうが、こまめにオンオフを繰り返すのは逆効果

エアコンは設定温度まで湿温を下げることに一番電気を使います

設定温度になる度にオフ、また熱くなってきたからオンを繰り返すと電気代が一番かかる行為を繰り返すことになります

余分に電気代を使わないためにも無闇やたらにオンオフを切り替えるのはNG

また、設定温度まで湿温が下がる前にエアコンの風量設定を弱にするのもあまりよくありません

風が弱いとそれだけ温度が下がるまでに時間がかかってしまうからです

できればある程度温度が下がって設定温度になったところで弱設定の方がいいかもしれません

 つけっぱなしは電気代が下がる? 

つけっぱなしは電気代が下がるという話はネットでちょこちょこ見かけます

寺本はものすごく暑がりで暑いと具合が悪くなるので夏はほぼ24時間エアコンつけっぱなしです

なので知っています……電気代が下がることはないです

「毎日つけっぱなしだとものすごい高い請求が来るんじゃないの?何万ぐらいくるの?」

という心配をされますが、そこまで電気代は上がらないです。ちょっと高い程度

実際に比較実験をされている方も居ますが電気代が驚くほど高額になるということはないようです

エアコン24時間つけっぱなし実験!電気代は安いのか?(電力比較サイトエネチェンジ) (他サイト)

ただし、

一時間未満の短い外出の際にエアコンを切らない

最新式の電気効率のエアコンを使用する

フィルターをきちんと掃除している

などなど、条件次第では確かにお安くはなるそうです

お部屋探しのタイミングを考える女の子

なのであながち間違いではないのですが……

「つけっぱなし」の定義を「24時間」にすると安くはならないけどものすごく高くなるわけでもない

が、正しいかも

 熱が入ってこないように対策 

南向の日当たりのいいお部屋って大人気ですよね

窓が北向きでも天窓があると日の光が入ってきやすいので明るかったり……

そういうお部屋は人気なのですが夏は結構大変だったりはします

日当たりがいいお部屋ほど夏場はとっても暑いです

策をきちんとしないと冷房効率も下がりますし、場合によっては室内家具を痛めてしまう原因にもなってしまいます

夏場に入ってくる熱のおよそ7割が窓からと言われています

なので、遮光カーテンすだれなどは非常に効果的

また、遮熱フィルムは高い効果があるとされています

フィルムなので遮光カーテンのように部屋が真っ暗になるわけではないので、お部屋の明るさはそのままに温度の上昇を防ぐことができます

 快適な温度も大事ですが…… 

エアコンなどの冷房は快適、涼しい温度も大切ですが実は一日中涼しすぎる部屋にいるとクーラー病になってしまう場合もあります

急激な温度変化により自律神経が乱れてしまうことが原因とのこと

また、涼しいからと油断して水分補給を十分に行わないことも脱水症状などの原因となります

電気代節約のために無理して暑い部屋にいるのも熱中症などになりかねないので要注意

節約、節電、快適な室温も大事ですが体調を崩さないように、何事もほどほどが大事ですよ

-一人暮らしのあれやこれ
-, ,