不動産会社裏話

火災保険って絶対に加入しないといけないの?

 火災保険の加入 

賃貸は通常、契約の際に「火災保険(家財保険)」の加入を必須としています

初期費用として、15000円から20000円前後の保険に加入するのがどこでもあたりまえになっています

基本的に、火災保険の加入を強制する法律はなく、任意とされています

契約をする際に、条件として「火災保険への加入をしてくれないと契約しない」ということが多いため、実質、必須とないっているのが現状です

大体どこの物件でも大家の指定や管理会社の指定の火災保険があり、そこに加入しないと契約を結ぶことが困難なことが大半です

chintai-renhosyonin-inkan

 何故必須なのか 

貸主、借主の双方にとっていざという時、必要となります

「私は火事なんで起こさない」なんて思っていても予想外のことで火事が発生することがあります

もし、あなたが原因となった場合、損害賠償責任が発生します

大家さんに損害金を支払う必要があります

しかし、自分以外の人間が住んでいるマンションやアパートなどの建物、建物の損害金はもちろん他の入居者への損害金も考えると、それは途方もない金額になることは明白です

その上あなた自身も家財が燃えて無くなり、一文無しとなれば……

大家さんもお金の無い人に損害金を請求しても……双方困ってしまい、トラブルになりかねません

火災保険に加入しておけば、いざという場合も補償をしてくれます

入居者にとってもありがたいことですが、大家さんにとっては大きな安心感に繋がるのです

oheyasagashi-chintai

逆に言えば、火災保険に加入をしない人を入居させるのはデメリットが大きく、大家さんにとってのメリットは無いので加入を必須とするのが基本となっています

yoru-ie

 火災などの損害以外も補償してくれる 

火災保険は多くの場合、火災以外にも補償特約がついています

あつまる不動産が管理している物件で加入していただいている保険では落雷、風災、雹災、雪災などの自然災害の他に盗難などに対しても費用を補償してくれます

(詳細は入居者様等にパンフレットをお渡しさせていただいています)

初期費用として少しかかってきてしまうものですが、その分様々な補償がされます

何かあった時に頼りになる保険は大家さんにとってだけでなく、入居者様にとっても強い味方ですよ

-不動産会社裏話
-, ,